カフェインレスに移行したきっかけ

こんにちは。
管理人まじなです。

 

かなり前のことですが、
喘息の薬で少し具合悪くなったことがありました。
その薬は、コーヒーなどに含まれる「カフェイン」ににた成分なので
以後、飲み物はカフェインのないものをなるべく飲むようにしています。

 

当時はカフェインレスのお茶を探すのが大変で
ハーブティーに興味を持ったのもそのころからです。

 

現在はノンカフェイン派の人も多くなってきたので
飲食店へ行ってもお茶にそれほど困らなくなりましたが。

 

タイのお茶「パンダン茶」

先日、ノンカフェイン派の私に、ということで
「パンダン茶」をいただきました。
kimg0224
タイといえば「パクチー」が脚光を浴びていますが
現地で日常生活に欠かせないお茶の一つが「パンダン茶」なのだそうです。

 

いただいたお茶はティバックだったので、
熱いお湯で入れてみました。
香りは豆をゆでたような香りに少し似ています。
いただいてみるとかなり繊細な味で
いろんな味付けに合う感じ。

 

パンダン茶とは?

タコノキ属の植物である「パンダンリーフ」のお茶です。
パンダンリーフはお茶の他にも、タイでは料理にたくさん使われているそうです。

参考記事:不妊症にも効果的!?「パンダンリーフ」をご存知ですか?―阪急旅行社 海外現地情報ブログ

 

パンダン茶でゼリーを作ってみた

お菓子にも使われる、パンダンリーフ。
私も、お茶を入れてゼリーをつくってみました。
kimg0223
入っているのは加熱したリンゴです。
食べてみると、ゼリー部分があっさりしていて、
加熱したリンゴがメインのゼリーになりました。

レシピは次回にでも。